過払い金請求に断然強い!アース司法書士事務所の請求事例

CMや車内吊りなどで過払い金請についての広告を観た方も多いと思います。2010年以前に、アコム、プロミス、アイフル、レイクなどの消費者金融、ニコス、オリコ、エポス、セゾンなどのカード会社のキャッシング・カードローンを利用した人に、違法な利息を取られていた可能性を呼びかける内容で、1万人以上の依頼者に対し平均83万円の過払い金があったそうです。

 

これは2010年6月に金融庁が「改正貸金業法」を完全施行し、金利の上限がそれまでの「利息制限法」の範囲内である15%〜20%に統一されたため、「出資法」の金利である上限金利29.2%との間の「グレーゾーン金利」で借りていた場合、違法な利息料をとられていた可能性が生じたためです。なお、貸金業法とは、消費者金融などの貸金業者の業務等について定めている法律です。

 

すべての人に当てはまるわけではありませんが、その金利で借りていた期間や借り方、返し方で該当した場合は金利が再計算され、差額が過払い金として戻ってきます。金利の引き直しの対象は10年以内なので、思い当たる方は早めに申し出るほうがよいでしょう。過払い金請求で借金を抱えていた方が借金0円になる事例も多くあるようです。

 

取引の明細などが手元に残っていない場合でも、借りた金融機関に取引履歴を請求できるので、過払い金が発生しているかどうかを確認できます。ただし、一般人相手の場合履歴開示に時間がかかる場合もあるので、ここはやはり専門家に頼むのが早道です。

 

アース司法書士事務所はこの過払い金請求に強い専門家として口コミでも有名で、「過払い金請求関連の法律事務所ランキング」でも常に上位にランクインしています。過払い金請求に特化していることで成功事例が多く、ノウハウが蓄積されていることが強みです。

 

「完済し終わってるし自分には関係がない」という方。完済していても10年以内の取引であれば、過払い金の返還請求は可能なので、思いがけない金額が返ってくるかもしれません。2010年以前にキャッシング・カードローンを利用したことのある人は、アース司法書士事務所で一度無料相談してみてはいかがでしょうか?もちろん、今も返済中の方も要チェックです。

借金の相談をどこにする?

返済の相談をするポイント

安心して任せられる事務所はここ

安心して任せられる事務所はここ


安心して任せられる事務所はここ